TOPICSお役立ち情報・トピックス

インタビュー動画のメリットとは?活用事例と合わせてご紹介

企業が自社の魅力や商品・サービスを紹介する際に、動画を活用するのは非常に有効な方法です。

昨今ではコロナ禍で随分とオンライン化が進み、動画コンテンツは最も人気の高いツールの一つとなりました。

動画コンテンツにも様々な表現手法がございますが、今回はインタビュー形式の動画についてご紹介します。

1.インタビュー動画の種類とメリット

インタビュー動画は取材対象となるインタビュイーによって、大きく3つの種類に分けられます。

①社員インタビュー動画

主に採用シーンで多く使われるのが社員インタビュー動画です。

現場の社員が社内の雰囲気や日々の仕事について語る動画は求職者にとって非常に大きな判断材料となります。
実際の働いている様子や企業文化などは求人の募集要項上ではイメージしづらく、入社してからではないと分からない部分が大きいです。

しかし、社員インタビュー動画があれば、現場で働いている先輩の生の声が分かるので、自分がイメージしている仕事内容とずれてないか、職場の環境や雰囲気は自分が馴染めそうなものなのか分かりやすく伝えることができます。

②経営者インタビュー動画

経営者が自社の経営理念やビジョン、または自社商品やサービスの魅力を語るインタビュー動画です。

採用活動や企業のブランディング活動、株主総会、IR活動といった対外の場は勿論のこと、自社の社員に向けて強いメッセージを発信するなど社外・社内問わず多くの場で効果的なツールです。

表情や雰囲気などから人柄や熱意を分かりやすく伝えることができるので、求職者や取引先、投資家といった人たちからの信頼を得ることが期待できます。

③顧客事例インタビュー動画

自社の商品やサービスを利用したことがあるお客様に対してのインタビュー動画です。
実際に利用したことのあるユーザーの声は第三者が発するリアルな意見ですので、これから購入を検討している人たちにとって非常に後押しとなります。

企業側にとっても新たな事例として実績を増やすことができるため、新規で商品やサービスを探している人たちへのアプローチにも有効です。

2.インタビュー動画の活用事例

インタビュー動画の活用事例をいくつかご紹介します。それぞれの動画の特徴や期待できる効果もご説明していきますので、インタビュー動画の制作をご検討中の皆様のご参考になればと思います。

①ソニー株式会社

出典元:Sony (Japan)

ソニーで活躍している複数の若手社員がインタビューに答えている動画です。

若手でも積極的に意見を述べることができ、大きな仕事にチャレンジできる風土やグローバルな人材が活躍している様子、どのような人材が自社に向いているか、同僚との関係性などといったものが具体的に語られています。

異なるポジションの人たちがそれぞれの視点からインタビューに答えているので、幅広い層の人々からの支持を得るのに効果的な構成となっております。

②丸紅株式会社

出典元:Marubeni Brand Channel

多くの事業をグローバルに展開している丸紅株式会社。この動画は丸紅グループ社員に向けて新社長を紹介するために制作された経営者インタビュー動画になります。

経営者からのメッセージとなると自社の理念やビジョンを語る形式ばったものは多く見られると思いますが、こちらは新社長の趣味や休日の過ごし方など、プライベートな内容を中心に多く質問されています。また、インタビューも全て英語で行われ、テンポよく進むのでより内容もフランクに感じられ、社長の人柄がよく分かるようなものとなっています。

大企業に勤めていると、中々社長と接する機会も少なくどのような人かも分からないと思いますが、このような動画があればよりより身近に感じ、経営者への理解も深めることができます。

③トヨタ自動車株式会社

出典元:トヨタイムズ

1年間トヨタについて取材を行ってきた香川照之さんが実際に社長が運転する車に乗って、インタビューを行うというインパクトのある動画です。

動画自体の尺は長めとなっておりますが、インタビュアーの香川照之さんが持ち前のトークスキルを活かし、社長の魅力や人柄を存分に引き出しているため、飽きを感じずに見ることができます。

④株式会社ロジクラ

出典元:在庫管理ソフト「ロジクラ」

在庫管理ソフト「ロジクラ」を導入されたお客様の声をまとめた動画です。

尺自体は1分ほどと非常に短いものの7社からのお声がまとまっており、物流業界で課題となりがちな点も導入することで解決できるということを分かりやすく紹介しています。

また、導入したことにより導入前からどれぐらい数値面でパフォーマンスが改善されたかも語られているので、同じような課題を抱えている企業様にはより関心を与えられ、お問い合わせのきっかけにもなり得ます。

まとめ

インタビュー動画の種類やメリット、活用事例についてご紹介してきました。ご紹介の通りインタビュー動画は様々なシーンで活用ができます。

しかし、インタビュー動画を作成する際は目的やターゲットに応じたものを制作しないと一番伝えたい内容がぼやけてしまいます。

もちろん自社で制作することも可能ですが、初めて動画制作を検討されている企業様は一度Videoクラウドの導入もご検討ください。

Videoクラウドで
ワンランク上の動画活用を
はじめましょう