MERITデータの活用

動画のデータを活用する時代へ

動画はただ視聴してもらうだけのコンテンツではなく、その視聴データを取得/蓄積することが可能です。そのデータには、ユーザーのニーズや興味関心などの経営活動を行っていく上で、重要なヒントが隠されています。DX化を進めていくにおいて、動画のデータを活用していくことが「生産性の向上」と「付加価値の向上」を加速させます。

動画を活用した
マーケティングDXとは

動画の視聴データを有効活用し、
経営課題を改善し企業活動を変革させていくことです。
  1. 01デジタル化

    VideoDXステップ01
    まずは、従来アナログで管理していたものや対面で実施していたことなどを動画化していきます。企業に蓄積されたナレッジや属人化したマニュアルなど動画化することにより、教育や研修、採用活動などの業務の効率化を図り、デジタル化を促進することが可能です。
  2. 02データの有効活用

    VideoDXステップ02
    動画を視聴されることでその視聴データをストックしていることが可能です。視聴データを分析することで、視聴者の興味関心やニーズ、企業の課題などを抽出することができます。その結果から、仮説立てを行い検証するというサイクルを繰り返すことで、データを有効活用した経営活動につなげることができます。
  3. 03企業活動の変革

    VideoDXステップ03
    経営活動のあらゆる場面に動画の導入し、継続的にデータを蓄積/活用することによって、部署ごとの生産性を改善していき、商品サービスもブラッシュアップしていくことができる。つまり、DXの本質である「付加価値の向上」と「業務の効率化」を促進し、企業活動に変革をもたらします。

USE CASE営業動画のデータ活用例

営業動画のデータ活用例
動画の視聴データを解析することで、企業活動の変革を促進します。例えば、営業動画の視聴データを分析することで、視聴者の興味関心を明確にし、興味を持たれている箇所を中心にロープレや研修を行うことで従来よりも効果的に教育を行うことが可能です。また、動画内で顧客ニーズを収集できるため、商品開発などサービスの付加価値向上へ生かすことができます。

Videoクラウドで
ワンランク上の動画活用を
はじめましょう